前へ
次へ

■高橋工芸とは

 岡山県の北部の、津山市にある木製製造メーカーです。
 昭和52年に高橋完之(現会長)が創業、木札・護摩木・絵馬等を専門に創業しました。
 現社長である高橋亨果に歴任した際、お客様の依頼と時代の流れに従い、事業内容も大きく多様に変化し
 よりよいクオリティーと職人の技術を生かしたモノづくりを目指し創意工夫を続けています。




会社概要

扉の加工

高橋工芸とは

■岡山県津山市高野山西1612-2 TEL:0868-26-5577
FAX:0860-26-5088 takahashi@kougei-t.jp

花部門

生花・プリザーブドフワラー

花全般
 生花アレンジ
 プリザーブドフワラー
 葬儀用盛り花など

レーザー彫刻部門

名入れ雑貨

名入れ・メッセージ入り商品
 ひのき時計
 キーホルダー
 名入れグラス
 木製トレイ

社長あいさつ

高橋工芸社長の写真

高橋工芸は、先代が昭和52年に設立し、平成25年10月に私が社業を引き継ぎました。 先代が起業し守ってきたこの会社を継続し、後世に繋いでいく事が私の使命と考えます。 設立当初はたった一つの業務内容でしたが、時代の変化に伴い今では多種にわたっており、時代の流れの中で無くなっていくもの、時代が生み出すものと業務内容も変革の中にありました。失敗を恐れチャレンジ精神を失うと、衰退しか残りません。守りも必要ですが、攻める気持ちを持ち続けたいと考えています。 今後も社員の幸せを通して社会に貢献できる企業を目指し、時代の変化に取り残されないよう、お客様に満足いただける製品づくりに邁進していく所存です。